「お医者さんに相談だ」は本当だった!

「お医者さんに相談だ」は本当だった!

 

30歳過ぎてから抜け毛が気になるようになってきました。 気づいたのは、まず風呂。

 

それまではそんなことはなかったのに、排水溝に30本ほど抜けた毛がたまるようになったのです。

 

そして、枕カバー。朝起きると、白い枕カバーに何十本も抜け毛が張り付いているのです。これもそれまでなかったことでした。

 

鏡を見ると、明らかに生え際が後退しているような感じです。

 

正直かなり焦りました。まだ結婚していませんし(できてませんし)、そんな時に薄毛になったら、ますますその道が遠くなってしまうではありませんか。

 

何とかしなければ、と思って最初にやったのは、ドラッグストアに行って私の価値観から言ったら、かなり高い部類に入る育毛剤を購入し、使用することでした。

 

しかし1本使い、2本使っても、効果はなく、相変わらず抜け毛は増え、生え際の後退も止まりません。

 

そこで次には、インターネットで調べて「効く」といわれている育毛剤を通販で購入しました。

 

これはドラッグストアで買う以上に高価なものでしたが、商品サイトに書いてある効能がいかにも本当らしくて、つい頼ってしまいました。

 

しかしこれもだめでした。ある商品がだめで、ほかの商品に変えてみて、それもだめで、という「薄毛難民」を繰り返しました。

 

そこで最後に行きついた結論が、「これはやはり医者に診てもらうしかない」ということでした。

 

テレビコマーシャルで「お医者さんに相談だ」と言っているのが耳に残っていたのだと思います。

 

調べてみると、治療はそれなりに効果ですが、幸い「無料カウンセリング」があって、相談だけでもできる、ということです。

 

私は、意を決して予約を取り、診断に向かいました。

 

担当の医師は落ち着いた感じの男性で、私の頭髪を見たうえで、「これは遺伝子の問題だから、育毛剤では効果が出ない。

 

遺伝子が悪さをしているのに効く薬があるので、それを使ったらよくなるはず」と言ってくれました。

 

いくつもの失敗を重ねていた私にはそれが最後の砦のように聞こえ、その育毛のための薬を処方してもらうことにしました。

 

それから半年。これは本当のことですが、抜け毛はなくなりました。風呂でも枕カバーでも、ほとんど確認できません。

 

また後退していた生え際にも産毛が生えてきたように思います。 こんなことならもっと早く医者に診てもらっていればよかったと思います。

 

そうすれば育毛剤に無駄にお金を使わずに済んだのに。 同じような悩みを持っている方にアドバイスします。

 

薄毛は遺伝子の悪さです。育毛剤では治りません。 まずは医師の育毛無料カウンセリングを受けて、対応を考えてもらいましょう。

 

そしてそのうえで育毛に効く薬を出してもらいましょう。 そうすれば、長年の悩みは一挙に解決します。